So-net無料ブログ作成

 

旧blog ぼくと「かえる」日記(引越し先)

https://bokutokaerunikki.blog.so-net.ne.jp/

 * * * * * * * * * * * *

「かえる」の「こじろう」の見たこと,聞いたこと,感じたこと。

ようこそぼくと「かえる」日記2へ!

今までも読んでくれてたみんなも,偶然発見したみんなも,遊びに来てくれてありがとう [揺れるハート]

なんだかんだで「かえる」日記も2冊目に突入したんだなっ♪



突然の2度のアメリカ赴任,そして帰国後の生活はドラマのように大どんでん返し[たらーっ(汗)]

やっと状況が落ち着いたかと思いきや,急な転勤辞令で落ち着かない事この上ない[あせあせ(飛び散る汗)]

人生いつ何が起きるか分からない[爆弾]

そんなジェットストリームな日々に振り回されっぱなしな「かえる」が,だらだら綴る日記だ。 

お暇な時にでも,覗いてみて欲しいんだなっ♪

ぷらぷらっと京都 ブログトップ
前の3件 | -

紫陽花って日本原産らしいぞ。~三室戸寺のお話。その1。~ [ぷらぷらっと京都]

さて,前回導入編という事で紫陽花の花をUpしたんだけど,覚えてるかな?

という訳で,三室戸寺のお話でもしようか。


      DSCN0900.JPG

             西国十番 三室戸寺とは?
 

しかし暑いなぁ・・・。

この暑さの中,家に放置してあるパソコンの事が不安で仕方ない。

夜,クーラーがかかっていた部屋の日陰に置いてあるけど,出掛けてる間の室温が想像するだけで恐ろしいな。


   

  DSCN0915.JPG
        御存じ伊藤久右衛門さん。


JR宇治駅から坂道をひたすら登ると見えてくるのが,宇治茶の伊藤久右衛門さんのお店。

ここまで来たら,後もう少しの辛抱だ。

「かえる」はJRで動ける範囲は動いちゃうけど,京阪を利用すればもっと楽に行けるんだ。


      DSCN0916.JPG

        三室戸寺と彫られた石柱?を通りの向かい側に発見!


側面には 花の寺 みむろ  と書かれている。

この角を曲がって暫く歩く。

途中の分岐には案内看板があるので,それに沿ってひたすら住宅街の中を歩いていく感じだ。


で,京阪電車の三室戸(みむろ)駅を利用すると,JRと違ってだらだら坂を登ることなくこの交差点へ出ることができる。

京都駅からの所要時間は変わらないと思う。

だから,坂道を歩くのが平気で乗り換えが面倒な人はJRでもいいと思う。

ただ,JR宇治駅からは徒歩約30分かかるので,夏場は水分補給しながら日陰を移動して欲しいんだな。

  

  DSCN0920.JPG

                静かな参道。


今回やって来たのは,西国三十三所の一つ,三室戸寺だ。

この西国三十三所って言うのは,近畿と岐阜の33カ所の観音霊場を指すんだな。

有名なのは,八番の長谷寺とか十六番の清水寺あたりかな?

京都市内で日帰りで行きやすいのは,上に挙げた清水寺と頂法寺(六角堂)*とか六波羅蜜寺だろうか。


清水寺はみんなもよくご存じだろうからいいとして。

紫雲山頂法寺(六角堂)については,こちらをどうぞなんだな。
*「京都の「へそ」は自分で動く!?」 2017-04-06




六波羅蜜寺の開山は,空也上人。

空也上人と言えば,口から「ぴゃぁぁ~」って,6体の阿弥陀様が飛び出してる立像でも有名だな。

何しろフィギュアにもなったくらいだし。

で,お寺の写真を探したんだけど見つからなかった,ごめん。

因みに,空也上人像は宝物館に収められているので,撮影はできないけどな。

お寺自体はそんなに広くないんだけど,できることなら,この宝物殿に行って欲しい。

正直,お寺を回っていて,拝観料と見合わないよなぁ・・・って事があると思う。

でも,この六波羅蜜寺は規模から考えると信じられないくらいに素晴らしい仏像が収められていると思う。

美術と歴史の教科書で見た,あの「ぴゃぁぁ~」って飛び出してるアレを是非とも見てきて欲しいんだなっ♪


位置的には建仁寺さんと陶器さん(若宮八幡宮)**の間にあるので,立地も抜群だ。

六道珍皇寺も近いし,幽霊飴のみなとやさん***もすぐだし,うろうろするにはうってつけの場所なんだ。


**陶器さん(陶器神社=正しくは若宮八幡宮)はこちら。
「身も心も美しく」。~陶器神社 in 京都~2016-12-11

**
*六道珍皇寺と幽霊飴のみなとやさんはこちらをどうぞっ♪

あの世とこの世を繋ぐ辻 in 京都。」2017-06-25 





さて,今日も今日はで脇道へ逸れていく。


 * * * * * * * * * * * *


・・・もう少し頑張らないといけないな。

 

  DSCN0929.JPG

        何故って,また坂道だからだよぉ!


考えたら,宇治駅からの道のりの半分は坂道な気がする。

まぁ,山に向かってるんだから仕方ないんだけど。    

  DSCN0930.JPG

          や,やっと山門に到着。


急な坂道ではないんだけどな。

だらだら登るのって,急勾配の道より疲れないか?

  DSCN0933.JPG
前回もお話したけど,三室戸寺はお花の寺として有名だ。

何しろ,日本の紫陽花の名所全国第3位だったりするんだぞっ♪

看板にあるように,、ツツジや紫陽花が有名だけど,実はそれだけじゃない。

まぁ,その話は次回以降になると思う(このペースでは・・・)。

  DSCN901.JPG

         紫陽花って日本原産の植物なんだって。


英語だとhaidorannzia(ハイドランジア)って呼ぶんだ。

余談だけど,アメリカ人とかと話しててhaidorannziaって言えると驚かれる事がある。

以前言われたのは,普段の会話力からこの長い綴りをするっと発音できるのが予想外だったと。


当て字としか思えない紫陽花という呼び名から,外国産っぽいイメージが強いアジサイ     
実は,よく目にするアジサイは江戸時代に海外へ持ち出され,品種改良されたものが逆輸入されたものなんだな。

その為,セイヨウアジサイって呼ばれることもある。


変わった漢字を使うから,大陸から伝わったように思う人も多いと思う。

でも,この紫陽花という名前が初めて登場するのは,白居易の白氏文集の中だ。

ある時,山寺を訪ねた白居易は美しい紫色の花を見せられた。

とてもいい香りのする花だったが,寺の誰も名前を知らない。

そこで,この花に紫陽花と名前をつけたのだそうだ。

ただ,紫陽花っていい香りがするって訳じゃないので,この謎の花はリラだったんじゃないか?と言われてるんだな。

因みにアジサイは中国語では綉球花。

日本でも見かける事がある八仙花でも通じるらしい。

  DSCN0928.JPG

             額紫陽花ってこんな感じ。


で,日本の紫陽花は?って言うと,原種は額紫陽花(ガクアジサイ)と呼ばれるものだ。

特徴としては,中央の小さな両性花の周囲を華やかな装飾花が取り囲む。

この装飾花の花びらに見える部分は実は萼(ガク)で,中心のポチっとしたのが花なんだって。

右側の装飾花の中央をよく見ると,小さな花が開いてるのが分かるかな?

だから,セイヨウアジサイは装飾花だけなので結実しないそうだけど,額紫陽花は中央の花に実ができるんだ。

お寺の紹介から思うに額紫陽花で合ってると思うけど,万が一,山紫陽花だったらごめんなさいなんだな。(´・ω・)

  DSCN0987.JPG
   

紫陽花の有名な場所ってお寺が多いけど,理由は幾つかある。

一つ目は,お寺の立地だ。

山って言うのはご神体だったり,神聖な場所な事が多いだろ?

そして,元々お寺って言うのは修行をする場だった為,外界と隔てた場所である山の上って言うのは格好の立地条件だったんだな。

そういった宗教的な面から山の上にお寺を建てることも多かった訳だ。

で,紫陽花って,根っこが横に長く広がるんだな。

その根はまるで牛蒡のようにしっかりしている。

植え替えしたことがある人は知ってると思うけど,掘っても掘っても根が繋がってて「いっそ切断するかっ!」って思うくらい。

そんな訳で,山の斜面にしっかりと広がる紫陽花の根は,土砂崩れを防ぐとも言われている。


二つ目は,季節的なものだ。

紫陽花の花が咲く梅雨頃って言うのは気候の変わり目だろ?

長雨は体調不良を引き起こす。

それは現代でもだけど,医療の発達していない時代であれば,流行り病や水害で亡くなる人も多かった筈だ。

そう言った理由で,亡くなった人を弔う時に供えられたのが,紫陽花だったって話だ。


もう一つは,宗教的なもの。

「花祭り」の時に甘茶(あまちゃ)を誕生仏にかけるって言うだろ?

余り詳しくないので興味のあるみんなは調べて欲しいんだけど,お釈迦様が産まれた時に天から甘露が降ってきたらしいんだな。

で,それを真似て行うんだけど,この甘茶の元になる甘茶(アマチャアジサイ)は額紫陽花に似てるんだ。

それで,お寺の周囲にアマチャアジサイを植えたとか言わないとか・・・。



そう言えば,この三室戸寺には恋愛成就の紫陽花が咲くらしい。

ありがちだけど[揺れるハート]ハート形の紫陽花[揺れるハート]を見つけると恋が叶うんだって。

ただ・・・1万株の中から探すのだから,見つけようと思って見つかるものではないかもしれない。

  

  DSCN0988.JPG

 心の綺麗な人にはハート紫陽花に見えるかもしれない(;´Д`)




   DSCN0936.JPG

             まだ登るのか・・・。


     DSCN0937.JPG

     でも,もう後ちょっとな気がする。




やった~登り切ったぞっ♪

・・・・・・って,ええっとこれは!?


  DSCN0981 - コピー.JPG

         結構,衝撃的な気がする。


本堂をバックに「デデドン!」と待ち構えていたこの謎の石像の正体は!?





   

ちょっと疲れてきたので,ここらで一旦終了で,答えは次回へ持ち越しだ。


でやって来たのは,伊藤久右衛門さん。

  IMG_3326.JPG

         ここでは物販だけでなく,カフェも楽しめる。

  
  IMG_3323.JPG

      暑いけど,温かい抹茶そばをいただく。


セットもあるけど,ここはぐっと我慢の単品。

何故って2017年のリベンジなんだなぁ~。

2017年に宇治へ行った時に,冷たいお蕎麦とかやくご飯のセットを頼んだんだ。

で,食後に甘味(ミニパフェとか)を~と思ったけど,ハライッパイで撃沈されたんだな・・・(;´Д`)


という訳で,追加注文!


     IMG_3324.JPG

        紫陽花パフェ(5月中旬~7中旬)。
え?

ミニパフェなのにこんなに大きいのかって?


誰も「ミニ」を頼んだなんて言ってないぞ。

紫陽花の季節限定紫陽花パフェはレギュラーサイズのみなんだな。


たっぷりの抹茶アイスとゼリーを彩るのは,紫陽花の花を模したきんとんと清涼感を与えるクラッシュゼリー。

紫陽花きんとんの中には,香り高い抹茶餡が閉じ込められている。

抹茶クッキーの葉を添えて,本物の三室戸寺の花に負けない程の華やかな仕上がり具合だ。


はぁ~,幸せだなぁ~(*´ω`)

程よい甘さなので,ついつい食べてしまうなっ♪

ハライッパイどころか,十二分目くらいな気もするけどな。

まぁ,ここまで歩いてきたから,少しくらいなら大丈夫だろう。

帰りも宇治駅まで歩くから,それまでにはハラの具合も落ち着くだろうし・・・。


という訳で,三室戸寺の紫陽花庭園と伊藤久右衛門 本店茶房さんに興味のあるみんなは,是非とも訪ねて欲しいんだなっ♪



三室戸寺のお話は次回へ続く。

毎日暑い日が続くけど,熱中症にはくれぐれも気を付けてくれよなっ♪


nice!(25)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

紫陽花の季節は終わったけど。 ~三室戸寺のお話。導入編~ [ぷらぷらっと京都]

暑いな。

パソコンもサーキュレーターも熱を持ってて怖いくらいだ。

さすがに留守中ずっとエアコンかけておくのもどうかと思う。

ただ,帰ってきたらパソコンが爆発してたとかありそうで・・・ ( ゚∀゚)・∵. グハッ!!



で,暑くて何処へも出かけれないので,少々古い写真を引っ張り出してきた。


   DSCN0921.JPG

         紫陽花の季節は終わっちゃったけどな。


   DSCN0922.JPG

          なんとなく涼しげでいいだろ?


   DSCN0924.JPG

       とは言っても,見頃を過ぎてる。      


   DSCN0925.JPG

  今回紹介してるのは,宇治の三室戸寺のお庭。            



   DSCN0932.JPG

       ここのお庭はツツジと紫陽花で有名なんだな。



とは言っても,ツツジも紫陽花もタイミングが合わなかった・・・(;´Д`)

本当は貴船の続きで,叡電沿線のお話にしようかと思ったんだけど。

正直,夏に桜の花っていうのもどうかな?と思ったので三室戸寺に変更なんだな。

紫陽花だって季節じゃないけど,少しの事は目をつぶって欲しい。
という訳で,次回は三室戸寺のお話をUpする予定だぞっ♪


暑いので,涼を求めておやつ・・・・・・

 (("Q(´・ω・`υ)  アツイ・・・


京都土産じゃないけど暑さに負けた。

でも,三室戸寺は宇治で話は続く為,マイカテゴリーは「ぷらぷらっと京都」になってる。
   DSC00371.JPG

            涼し気なおやつを発見!


   DSC00373.JPG

           ゼリーの中に金魚が泳いでる。
   
   DSC00377.JPG
            ぷるんぷるんしてる。         

しっかり冷やして,いっただきま~す♪

   DSC00379.JPG

    源 吉兆庵さんの金魚(大丸松坂屋限定バージョン)。


普通の金魚もあるんだけど,限定商品はゼリーの中にカットフルーツが入っているんだな。

その為,お値段もちょっぴり上がるけど,少しだけ贅沢してみた。

こちらの金魚には源 吉兆庵農園で採れた国産のマスカット・オブ・アレキサンドリアが入ってる。



   DSC00380.JPG

     ちょっと甘いけど,冷たいお茶と一緒なら大丈夫。

和風のゼリーの中に泳ぐのは,手作業で型抜きされた羊羹なんだって。

写真で見ると大きく見えるけど,実際の金魚は2cmくらい。

これを大量に型抜きするのは大変な作業だと思う。


ぷるぷるしてつるんとしたゼリーと柔らかで少しざらっとした金魚羊羹は,口の中で不思議な食感のコラボを生み出す。

   DSC00389.JPG

  取り出す時に失敗して,黒出目金のゼリー部分が変形してしまった。


・・・なんでだろうな。

最初は上手くいくのに,2回目は失敗するのって (;´Д`)


   DSC00390.JPG

               こちらは白桃入り。


どちらも国産の果物を使っているそうだぞっ♪

時々,桃缶(黄桃)を買うんだけど大抵中国産だからなぁ・・・。

桃の皮を剥くのが面倒なので,手軽って意味では捨てがたいんだけどな。


「かえる」はたまたまバラ売りを買えたんだけど,ひょっとしたら夏の贈り物用の大箱入りしかないかもしれない。

数量も限定だった気がするんだけど,買ったのは7月だから,完売してたらごめんなんだな。


という訳で,源 吉兆庵さんの金魚に興味のあるみんなは,是非ともお試ししてくれよなっ♪

通常バージョン(フルーツ無し)は8月上旬までは取り扱いがあると思うんだな。

nice!(22)  コメント(10) 
共通テーマ:グルメ・料理

始まりは黄色い船。~貴船神社参拝記念 その5。完結。~ [ぷらぷらっと京都]

疲れた。

ここ最近,よく分からないけど熟睡できない。

暑い訳じゃないんだけどな。

季節柄・・・雨のせいだと思うけど,体が怠い。


という訳で,お疲れ気味なのでさらっと貴船神社奥宮のお話を〆て,おやつをUpしたら速攻で寝る。

日曜美術館まで起きていられない気がする。



     DSC00053.JPG

     前回写真を真正面からうっかり撮ろうとしてボケた奥宮の狛犬。

   DSC00054.JPG

             彩色されていたらしいことが分かる。

   

その拝殿の脇には不思議なものがあった。

御船形石だって・・・?

   DSC00057.JPG

   岩って言うか,生垣のように石が組まれているように思える。


言われてみれば,船っぽい形をしてるな。

中に何が入ってるんだろう,ひょっとして石室なのかな?


って,不謹慎だけど,ちょっぴり興味を惹かれる。

だって,神話の世界で船っていうのは,すごく重要アイテムだと思うんだ。

水蛭子神は葦船に乗せられた。

天孫降臨には天磐船が使われた。

日本神話だけじゃなく,エジプトやギリシャでも三途の川を渡るのには船が使われる。

神話じゃないけど,ノルウェーでは船を柩として埋葬する船葬墓もあった。

勿論,船葬墓は日本でもあったし,今でも皇族の納棺は「御舟入りの儀」って呼ばれている。

そう,船って言うのはこの世とあの世を繋ぐモノなんだな。


   DSC00058.JPG


どうやら玉依姫が大阪湾から水源を求めて鴨川を遡ってやって来たのが,この奥宮の地とされてるようだ。

その時乗っていたのが黄色い船で,それが変化して貴船になったみたいだな。

・・・動力ないのにどうやって遡ってって,ツッコミは無しで。

何か不思議な力に導かれたと思うことにした。

で,貴船神社さんのサイトによれば,黄色は貴人の色だそうだ。


例えば,中国では黄色って貴人の色で,ちょっと古い映画だけどラストエンペラーって覚えてるかな?

皇帝しか許されない黄色の服を着た皇弟の溥傑と溥儀が喧嘩をするっていうエピソードがあったんだな。

ただ,日本神話的には,黄色って死者絡みのイメージが強いけど。

例えば,黄泉の国の黄泉とか?

ただこれは,中国の「黄泉」=「死者を埋葬する場所,あの世」っていう単語を当て字にしたものだそうだけどな。

そう言えば,現代でも皇族のみが着用をできる禁色って言うのがある。

これが黄色系統で黄櫨染(こうろぜん)と黄丹(おうに)と呼ばれる色だ。

前者は天皇のみ,後者は皇太子のみが着用を許される。

これは現代でも続いているルールなんだな。


で,話を戻して・・・

黄色い船でやって来た玉依姫はこの地に水神を祀って,船を人目に付かないように石で隠したそうだ。

それが上の写真の御船形石


・・・・・・ふとあることに気付く。

どの宮にも船の形をしたものがあった気がするぞ。

最初は船の形をした石庭。

次に船の形をした磐座。

そして最後に船の形(?)をした何か謎の物体。


水の神様を祀っているだけあって,船とは切っても切れない縁があるんだろうな。




どんどん脱線していくので,そろそろ無理矢理でも締めよう。



う~ん,さっき女の子たちが写真を撮ってた木が気になる。

      DSC00065.JPG

        こちらは相生(あいおい)の杉

不思議な杉の木だなぁ~。

なんでも樹齢1000年と言われるご神木だそうだ。

相生って言うのは共に育つことであり,共に老いる事=相老とかけて夫婦和合の象徴なんだって。

「かえる」は相生は松(お能の高砂に出てくる高砂神社の松)だけだと思っていたけど,杉もあるんだなぁ~。


   DSC00067.JPG

       見る角度を変えると1本の杉に見える。




あ~,ちょっと疲れてきたし,ハラヘッタ。

そろそろ移動しないと新幹線の出張Uターンラッシュに巻き込まれるな。

という訳で,貴船神社の本宮に戻り「奥宮まで参拝してきたんだなっ♪」と奥宮の御朱印を受けて下山することにした。   


貴船神社から叡電の駅まで歩くのは嫌なので道幅が狭くバスも走るので危ない為,バス停まで歩くことにした。


        DSC00071.JPG

            ミヤマカタバミかな?

ひっそりと咲く野の花を見て,その生命力に驚かされる。


暫く歩くと,路線バス乗り場の看板が目に入った。

        DSC00073.JPG

         15分おき間隔くらいだったかな?


待合室のベンチに座って,某バランス栄養食をお昼代わりに食べ始める。

もう知ってる人も多いと思うけど,「かえる」は鯖アレルギーなんだな。

お陰で,京都へ出かけてもごはんが食べれない事がままある。

すぐに帰る時はいいけど(薬飲むし),ハイキング中に鯖アレルギー発症すると困るだろ?

蕁麻疹も嫌だけど,もっと困るのはお腹の急降下だな・・・(;´Д`)

なので,例えハイキングでない只のぷらぷらっと街歩きであっても,万が一お昼が食べれないと悲しいので必ず携帯しているんだ。


5分くらいすると,ぱらぱらと人がやって来て,バスが到着する頃には15人ほど集まった。


        DSC00074.JPG

          交通系のICカードが使えた筈だ。


一日乗車券は対象外区間だったと思うので,注意して欲しいんだな。

それと高額紙幣は両替できないかもしれないので,小銭を用意した方が良いと思う。



そう言えば,貴船口駅は工事中なんだな。

それで仮設階段を使わないといけなくて,ちょっと滑り易かったので気を付けて欲しい。

新駅舎は2020年春に完成予定だそうで,バリアフリー化などが期待されている。

仮設の為か,券売機を探してる人がいたのが気になったし・・・。

交通系ICカードを持ってる人はチャージしておくのを忘れなようにしてくれよっ♪


        DSC00076.JPG

            無事に貴船口駅へ到着。

        DSC00077.JPG

              単線なんだな。

                      

        DSC00078.JPG

        緩いSカーブを描く線路が印象的だった。


ごめん,力尽きた・・・・・・。

日曜美術館どころか,オケの時間になっちゃったぞ (´・ω・)


次回こそおやつをUpするから。

いや,むしろ,次回は「ぷらぷらっと」でなく「食べ物」でUpするから,今日は写真だけで勘弁して欲しい。

        DSC00350.JPG

      次回予告・・・じぶんで作る あんこたっぷりのもなか。

     

nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | - ぷらぷらっと京都 ブログトップ


  [NEW] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき]