So-net無料ブログ作成

 

旧blog ぼくと「かえる」日記(引越し先)

https://bokutokaerunikki.blog.so-net.ne.jp/

 * * * * * * * * * * * *

「かえる」の「こじろう」の見たこと,聞いたこと,感じたこと。

ようこそぼくと「かえる」日記2へ!

今までも読んでくれてたみんなも,偶然発見したみんなも,遊びに来てくれてありがとう [揺れるハート]

なんだかんだで「かえる」日記も2冊目に突入したんだなっ♪



突然の2度のアメリカ赴任,そして帰国後の生活はドラマのように大どんでん返し[たらーっ(汗)]

やっと状況が落ち着いたかと思いきや,急な転勤辞令で落ち着かない事この上ない[あせあせ(飛び散る汗)]

人生いつ何が起きるか分からない[爆弾]

そんなジェットストリームな日々に振り回されっぱなしな「かえる」が,だらだら綴る日記だ。 

お暇な時にでも,覗いてみて欲しいんだなっ♪

スヌーピーミュージアム展名古屋へ行ってきたぞっ♪【前編】 [雑記]

先週末にスヌーピーミュージアム展名古屋へ行ってきたんだ。

名古屋市博物館の開館は9時半からなんだけど,朝,様子を見に行ったら物凄く長い列があった。

で,諦めた。

だって,朝一で入らなきゃいけない理由がないし~。

ショップで限定グッズをどうしてもgetしたい,っていう人は待った方が良いのかもしれないけどな。

なので,出直すことにした。


そう言えば・・・

先ほど公式のTwitterを見たら,お花のついたスヌーピーのぬいぐるみと名古屋限定のTシャツを着たぬいぐるみ欠品したんだって。


え・・・・・・先週始まったばかりなんだけど!?  (; )≡ ゚Д゚


どうやら追加生産するようなので,気になる人はチェックしてからおでかけするといいかもしれないぞっ♪



グッズにはさほど興味はないし,キャラクターグッズってちょっとお高いだろ?

とは言っても,お菓子は気になるなるから,早めに行きたい派だ。

グッズを買おうとするとどれにするか悩むし,あっという間にお小遣いがなくなっちゃうからな。

それにHGペーネロペー(ペネロペじゃないぞ)が発売されるそうなので,セーブして正解だったと思う。



では,スヌーピーミュージアム展のお話を始めようか。

  1.JPG

  ←の部分でチケットをもぎられる(スヌーピーM展と常設展の分)


入場時に「チケット切る(もぎる)んですか?」って言ってる人がいたけど,映画とかお芝居でも「もぎる」だろ?

因みにプレミアチケットは,厚手の紙で黒地に金のラインが入ってるようだな。

それを見てて思ったけど,ちょっとだけもぎられたくない気持ちも分かった。

でも,展示を見たいなら,チケットのもぎりは諦めるしかないぞ・・・。


  2.JPG

         表通り(桜山駅方面)からの連絡通路の看板。


前回,名古屋限定ポップコーンの回で名古屋のイメージカラーはオレンジって書いただろ?

大阪は蛍光っぽい緑だったんだけどな。

貰った名古屋展のチラシの色はもっと蛍光オレンジだったけど,チケットも看板も落ち着いたオレンジだ。


連絡通路に設置されていた見所看板。

気になったものだけピックアップした。

  3.JPG

         宇宙飛行士風のスヌーピー。


  4.JPG

       シュルツさんもドイツ系移民だったな。


  5.JPG

       アメリカと言えば,ファストフード。


思い返せば,「かえる」もアメリカに居た時は,ファストフード店によく立ち寄っていた。

ハンバーガーと言えば,Five GuysとかChick-fil-Aとかに,よくお世話になってた。

で,気が付いたらハラにチューブ(浮き輪)が付いていた・・・(;´∀`)


  6.JPG

  タイプライターって使った事ないけど,キーを叩く音が独特で好きだなぁ。


  7.JPG

日本でも,ペットを家族って思う人が増えてると思う。

でも,欧米の方がより思いが強いのかも。



 8.JPG

         正面玄関のチケット売り場。


前回も書いたけど,当日券はコンビニでも買えるぞ。


但し,本屋さんとかで配布してる割引券土日エコ切符等の割引*を受けたい人は,博物館のチケット売り場へ行く必要がある。

 IMG_6750.JPG 

          配布されてる割引券(栞タイプ)。

 

上のチケット売り場なら,割引対象のものを持って行くと100円引いてもらえるそうだぞっ♪

この時は,チケットを買う人の姿は全くなかったけど,夏休みになると当日券を買う人の列もできそうだな。

多分,初日とかに来る人って,絶対にスヌーピーを見るぞっ!って気合入ってるから,前売り券持ちなんだと思うんだ。


*前回の記事にも「割引券を使用する場合は,博物館のチケット売り場で購入」の文言を追加済。(6月29日)。


      9.JPG

       先週も紹介したけど,スヌーピーの家のオブジェ。


ところがだ,28日に見に行った人からこんなことを言われた。

「(スヌーピーの)家,庭になかったけど?」


  IMG_6742.JPG

 いつから移動したのか分からないけど,正面玄関前に設置されていたそうだ。


理由は分からないけど,ここなら屋根があるし,雨が降っても写真が撮り易いなっ♪

梅雨の時期だから,天候によって移動するのかもしれないな。


そう言えば,奥に見える日本庭園の池には,まれにカルガモが来るんだ。

通常は池の水が抜いてあるらしくて,雨水が貯まらないとやって来ないみたいだけどな。


因みに金曜日は平日だからか空いていたらしい。

昨日の午後に出掛けた人からは,天気が微妙だから空いてると思ったら1時間以上待ったと嘆いていた。



       10.JPG

     玄関周辺ではピーナッツのキャラクター達がお出迎えしてくれる。

       11.JPG



       13.JPG

             スヌーピーも発見。


  14.JPG

             入場口の様子。

物凄く蛍光オレンジだろ?(;´Д`)

チケットの色は落ち着いた色合いだったのに,チラシの色と同じで眼がチカチカする。


  15.JPG

  令和の看板があったロダン像(本物)も直視し続けるのが辛いんだろうか?


そう言えば,この壁面のデザインのポストカードがあった気がする。

買ってないからうろ覚えだけど。

でも,オレンジ色だったから,名古屋限定なのは確かだぞっ♪



では,いよいよ入場だ。


スヌーピーミュージアム展は5つの部屋に分かれているようだ。

スヌーピー通の人の情報では,東京のスヌーピーミュージアムで過去に企画された展示毎に部屋を分けているらしい。


  16.JPG

       入ってすぐのスヌーピーの着せ替え人形。


スヌーピーで着せ替えって発想が無かった。

だって,帽子とかサングラスのイメージしかなくってだな。

単に,服を着ているスヌーピーが思い浮かばないだけとも言う。


  17.JPG

      ピーナッツを連載する前の作品も展示されていた。


ピーナッツが誕生したのは1950年。

でも,当時のシュルツさんはこのピーナッツというタイトルがあまり好きではなかったらしい。


上の原画は「リル・フォークス」と呼ばれる漫画。

コマの中には,チャーリー・ブラウンとスヌーピーらしき人物が描かれている。

この二人が,後のピーナッツの主人公とその飼い犬になったんだと思うと,感慨深いな。


 

  18.JPG

         ずらりと並んだヴィンテージグッズ。


連絡通路の看板に載ってたファストフード貯金箱もあるな。

一つだけだとチープでキッチュ感じがするのに,こうやって並べると雰囲気が変わって見える。

乗り物シリーズも可愛いな。


一番下の棚の物は首振り人形なんだって。

写真をよく見てもらうと,頭が浮いているのがわかると思うんだ。



展示室内の順序は変わってしまうけど,他にも同じような展示があった。

  20 (2).JPG

       小さめのスヌーピーでもずらりと並ぶと壮観だ。


こちらは,クリスマスオーナメント。

スポーツウェアや様々な国の衣装をそつなく着こなしている。


日本だとクリスマスオーナメントって,いかにもクリスマスツリーにぶら下げる感じのものが多いと思う。

でも,アメリカではJhon Deere(ジョン・ディア)っていうメーカーのトラクターのオーナメントとかも売ってる。

変わり種って言うか,まぁ,人気のメーカーだからかな?

緑と黄色な車体は,実物も惚れ惚れするほどに美しいんだ。

「かえる」も持ってるけど,ツリーに飾っても意外と合うのでお気に入りなんだなっ♪

  


  19.JPG

        まだ四本足で歩きワンワンと鳴くスヌーピー。


まだ普通のビーグルっぽい姿だけど,眉毛も描かれていて,どことなくスヌーピーらしさが垣間見えるな。

そしてこの頃は,屋根は△。



  20.JPG

      スヌーピーと言えば,やっぱり屋根の上が定位置だよなぁ。


昔の事だけど,どうやったらこの屋根の上で安定した姿勢を取れるんだろう,と真剣に悩んだことがあった。

まぁ,上の方で紹介したスヌーピーのオブジェで分かるように,天辺が平らなんだな。

ちょっと考えれば見当がつくような事なんだけど,その頃は寝ても覚めても気になっていた。

だって,△だったら拷問背中が痛いじゃないか・・・(´・ω・)

きっと,屋根の上が定位置になった時に天辺を平らにしたんだろうな。



  21 (2).JPG

           個人的にツボった4コマ。


今回の展覧会では,約80点の原画が展示されてるそうなんだ。

(全体では200点ほどの出品らしい。)

ただ,よ~く見ていると複製のものもあったんだ。

キャプションに「原画」「複製」って書いてあるけど,みんなは見つけれるかな?


  21.JPG

          クラッシックテイストなスヌーピーたち。

上の棚はおもちゃ。

下の棚はオルゴールなんだって。

・・・・・・あれ,スヌーピーの家の屋根が△なんだけど?

これじゃあ,お尻が割れてしまうじゃないか,って言うか,ひょっとして元々は三角屋根だったのか?

だとしたらスヌーピーは修行僧か何かなのか・・・。


  22.JPG

      この頃(1951年)は,まだ自分を犬だと思ってるようだ。


そう言えば,日本語版のピーナッツは谷川俊太郎さんの翻訳によるものなんだな。

「かえる」は詩集とかあんまり読む方じゃないけど,谷川さんの手がけたものは色んな所で目にしてる。

どっちかって言うと翻訳物,後は歌詞かなぁ。

きっと,谷川さんの訳のお陰で,日本での安定した人気につながったんだろうな。



  25 (2).JPG

  水色の部屋の天井からはキャラクターのイラストが吊り下げられている。

  25.JPG  


どうやらここは,登場人物たちの紹介の部屋のようだ。

  23.JPG

    一人一人にスポットライトが当てられたお話があるのがいいな。

       

       24.JPG

             フェルトのペナント。

スポーツ万能なスヌーピーらしく,野球,ダンス,そして黄色のペナントではパイロットに扮している。


この台詞「curse you」は罵りの言葉なので深く突っ込むのは無しとしてだ。

Red Baron(レッド・バロン)は第一次世界大戦のドイツ人パイロットのリヒトホーフェンの事を指している。

彼の乗っていた戦闘機が真っ赤に塗られていた為に,赤い男爵(または悪魔)と呼ばれたんだ。

どこかで聞いたような?って思った人がいるだろ?

多分,それは間違っていなくて,このリヒトフォーヘンさんがモデルになってる人を思い浮かべたんだと思う。


で,この時,スヌーピーは宿敵Red Baronと対峙する。

・・・っていう空想のお話なんだけどな。

ゲームにもなっている人気のお話なので,興味のある人は探してみて欲しいんだな。



  26.JPG

        ホールマーク社のグリーティングカードとレシピ集。

どちらも1960年代のものだけあって,ちょっぴりレトロな感じする。

でも,それがいいんだけどな  (´ω`*)



・・・ん,ピアノの音が聞こえるぞ?


あっ!

  27 (2).JPG

           何かが動いてる・・・。




申し訳ないけど,ちょっと長くなってきたので,一旦ここでお話を止めよう。

続きは来週の日曜日にUp予定だぞっ♪


  DSC00342.JPG

    今日のおやつはスヌーピーミュージアム展で買ってきたクッキーだ。


  DSC00344.JPG

  シュルツさんの愛したチョコチップクッキーのレシピで作られてるんだって。


  DSC00345.JPG

         とっても大きなクッキーが3枚入ってる。

  

  DSC00348.JPG

      抱え込まないと持てないサイズだ(直径約10センチ)。


  DSC00349.JPG

            いっただきま~す♪


あぁ,これ美味しい!

カントリーマアムに近い食感の,いかにもアメリカンなしっとり系の柔らかいクッキーだ。

クッキー生地自体も甘めだけど,不思議と食が進む。

ん~,何の匂いだろう。

甘いだけじゃなく,何かナッツのような香りとほのかな苦みがクッキーの甘さを中和してる感じだ。

混ぜ込まれたナッツの食感と風味が,アクセントとして働いているのがいいのかな?

何故か思い出せないナッツの風味を知るべく袋の裏面を見た。

・・・これ,クルミか!

言われてみれば,クルミの食感だな  (;´Д`)A


そして,いつものように,あっという間に完食!


アメリカ人にとってのチョコチップクッキーって,お母さんの味っていうか「the おやつ」って感じかな。

だから,手作りする人もいるけど,市販のドゥを使う人もいる。

チョコチップクッキーのドゥも色んな種類が売ってたし,食べ比べしたこともあったな。

生で食べるのは余り好きじゃなかったけど,クッキードゥのアイスは食べたことがある。

(だって,焼く前提の物を生食してハラ壊すと困るし・・・。)


しかし,3枚しか入ってなかったから,誰かに買ってきてもらおうかなぁ?

お値段はちょっぴり強気の980円だったと思う。

(スヌーピーミュージアム展では,ショップだけ利用ができないんだな)



という訳で,スヌーピーシュルツさんの愛したチョコチップクッキーに興味のあるみんなは,是非ともスヌーピーミュージアム展へ行ってみてくれよなっ♪


後半へ続くっ♪




画像の著作権,著作隣接権:保有者はピーナッツ・ワールドワイド・リミテッド・ライアビリティ・カンパニー(PWLLC),日本国内の管理者は株式会社ソニー・クリエイティブプロダクツ(SCP)となります。

nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【予告】スヌーピーミュージアム展名古屋へ行ってきたぞっ♪ [食べ物]

この度の震災に対し,心よりお見舞い申し上げます。



友達が先日の地震で被災して,こっちへ戻って来てるんだ。

そんな訳で,申し訳ないけれど,時間が取れなかったので「ぷらぷらっと」のお話はお休みだ。


 * * * * * * * * * * * *

名古屋にスヌーピーミュージアム展が巡回してきてるんだけど,みんなはもう行ったかな?
今日は時間がないので展覧会の様子は載せれないけど,おやつだけ紹介しようと思う。
*6月29日 当日券購入【割引券】についての追記有り*
  DSC00336.JPG
   スヌーピーミュージアム展(名古屋限定)のお菓子だ。
ポップコーンhoney& cheddar(NAGOYA)は小さなカップに入ったポップコーン。
午後のおやつにちょっとだけ残しておきたいな~。
って時に蓋が付いてると便利だと思う。
  DSC00337.JPG
          スヌーピーのマグネット付き。
大阪でも限定のお菓子とかぬいぐるみとか売ってたようだけど,マグネットも種類が違うようだ。
  DSC00338.JPG
    名古屋会場のイメージカラーのオレンジのラッピング。
いっただきま~す♪
  DSC00339.JPG

           う~ん,濃厚なチェダーチーズ味。


・・・あれ,さっきからチーズの味しかしないぞ?


   DSC00340.JPG

   粉がまぶされたのがチェダーで,コーティングされたのがハニーのようだ。


交互に食べても良いし,一気に2つ口に入れても美味しいな。

なんて言うか,甘じょっぱいのって食欲をそそるだろ?

それに,甘い物を食べるとしょっぱいものが欲しくなる。

そして,しょっぱい物を食べると,甘い物が欲しくなる。

ねば~えんでぃんぐ・い~てぃんぐ・・・(;´Д`)


という訳で,やみつきになりそうなポップコーンに興味のあるみんなは,是非ともお試しして欲しいんだなっ♪

マグネットが付いて800円だったかな?



そうそう,今回の展覧会の初日はかなり混雑していて,正直,去年のビュールレがかわいいレベルだったぞ・・・(;´・ω・)

なので,スヌーピーミュージアム展名古屋の注意点をまとめておこうと思うんだ。


       IMG_6643.JPG


1.ショップだけ利用はできない。

普段の展覧会だとショップだけ~ってできるけど,スヌーピーミュージアム展はチケットを持っていないとお買い物はできない。


2.ショップ利用をしてから,展覧会会場への再入場はできない。

先に限定グッズを買ってから~って言うのはできないそうだ。


3.限定グッズは日割りでなく,期間中通しで販売されるそうだ。

つまり,名古屋限定グッズは会期途中で売り切れてしまうかもしれない。


4.限定グッズは1人1個まで,会計は1回のみ。

2つ持っているとショップ出口でボッシュートされるようだ。

      

5.チケットを持っていないなら,コンビニの機械で購入してから行く。

博物館のチケット売り場(外)でも買えるけど,念の為の待ち時間短縮だ。

因みに,コンビニの文字だけチケットは,入場時にスヌーピーの柄のチケットに交換して貰える。


.【割引券】を持っていたら博物館のチケット売り場を利用しよう。

もしも割引券や土日エコ切符の割引(100円引き)を利用したい時は,博物館正面外のチケット売り場で購入して欲しい。

コンビニ購入分には割引が適応できないんだな。

(5-2については6月29日追記)

 

6.できるだけ大きな荷物(スーツケース等)はやめる。

ロッカーは少なく,スーツケースはインフォメーションで預かってくれるようだけど,5つも置いたらスペース無さそうな感じだったぞ・・・。


7.ベビーカーの持ち込みができないっぽい。

小さなお子さんを連れて行くとちょっと大変かも。

多分,混雑時のお子さんの安全の為だと思うけど。

だからと言って,ずっと抱いているのは大変だと思う。

それと,展示室と展示室を繋ぐような通路状の場所は,混雑してるせいもあって車椅子とかだと動きにくそうな感じがした。

(酷い混雑時は,他の美術館でも制限される事があるんだな。絶対ダメって訳じゃなく,あくまでもお子さんの安全の為だそうだ。6月29日( )内追加


7.とにかく待ち時間が長いので注意。

昨日(22日)が初日で,夕方は入場に1時間待ちくらいだった。

朝はかなり酷かったみたいだけどな・・・。

意外とショップは空いていて,レジ待ちは0分だったという奇跡。

最終入場時刻は16:30(閉館17時)なので,あまりギリギリに行くと入れないかもしれないので注意して欲しい。

特に,名古屋の高湿度の夏を舐めてはいけない・・・ _:(´ཀ`」 ∠):_

 

 


という訳で,気になった点をあげてみた。

会場の名古屋市博物館は,明日24日(月)と25日(火)がお休みなので,気を付けてくれよっ♪


 


【次週予告】

という訳で,スヌーピーミュージアム展名古屋のお話をUpしようと思うので,楽しみにしていて欲しいんだな。


  IMG_6646.JPG

  名古屋市博物館の日本庭園に設置されたオブジェ(フォトスポット)。

nice!(19)  コメント(3) 
共通テーマ:グルメ・料理

浮かれ女の願い事。 ~貴船神社参拝記念 その3。~ [ぷらぷらっと京都]

では,前回は貴船神社本宮のお話だったので,今日も貴船神社の続きだな。


本宮から暫く歩くと見えてくるのが,結社(ゆいのやしろ)。

  DSC00032.JPG



御祭神は,磐長姫命(いわながひめのみこと)。

一般的には,縁結びのご利益をもたらす神様として知られている。

 


実際,平安時代には縁結びの為に多くの人がこの結社を訪れたと言われている。

その中の一人が,あの和泉式部だ。 

なんでも,訪ねて来ない夫との縁を願って貴船神社へやって来たんだって。

そして,その願いは叶えられたと伝えられている。



和泉式部のイメージって,恋多き女性なんだけどなぁ~。

そんな女性でも夫の心変わりは許せないのか・・・(´Α`lll)


当時は通い婚の時代で,身分のある女性は基本的には外には出ない。

SNSがある訳でもないから,顔も声も分からない。

噂を頼りに,文や歌を交わして通い婚へと持ち込むんだな。

で,そんな時代に歌が上手かった和泉式部はモテた。

ものすご~くモテた。


  DSC00042.JPG


それを証明するのが,皇子との大恋愛だ。

和泉式部は,為尊(ためたか)親王と身分違いの恋に落ちてしまったんだ。

しかも,この時は橘道貞との婚姻関係が継続中らしい。

まぁ,夫とは別れてしまうんだけどな。

で,この醜聞が原因で,親から勘当されちゃったんだって。

これだけならよくある(?)道ならぬ恋で済んだんだろうけど。


これで終息宣言!

・・・かと思われた自体をややこしくしたのが,その弟宮である敦道親王。

兄宮が亡くなった翌年には,和泉式部と恋愛関係になってたんだって。

兄弟だけあって,どちらも情熱的なんだなぁ・・・・・・。

だけど,兄が亡くなった翌年には兄の恋人と恋愛関係になっていた弟は,やる事が違った。


なんと,彼女を召使として邸に住まわせると言う暴挙に出たんだ。

誰の目から見ても,愛人を呼び寄せたのがはっきりしてる。

恋は盲目なのか,ちょっぴり残念な人だったのかは分からない。

でも,これは明らかに正妻への宣戦布告だろ・・・。



そう言えば通い婚って言うと,女性の家に男性がやって来るイメージだと思う。

でも,通常は妻となった女性とは同居してたんだって。

この場合の妻とは,正妻と公に認められた妻である側室の事を指す

正妻と側室以外は愛妾って事になるけど,通常,彼女たちは同居を許されなかったそうだ。


話を戻すけど,この敦道親王の正妻は,よりによって藤原氏出身。

兄宮の時以上の大騒ぎだったのが目に浮かぶだろ?

結局,正妻が家を出る事となり,後に二人の間には息子が産まれた。

だけど,敦道親王は生まれて間もない子供を残し亡くなってしまったそうだ。


で,この後に中宮彰子に仕えることになるんだな。

藤原道長が「浮かれ女(め)」と呼び,あの紫式部が素行が残念な人と言ったとか言わなかったとか,そんな理由がよく分かる恋愛遍歴だろ?
由奔放過ぎてお子様にはついていけないよ・・・(/ω\)
因みに,浮かれ女って言うのは,歌や踊りで客を楽しませ色も売った女性。
遊女の事を指すこともある。
・・・って,今ならセクハラって言われそうだな (;´∀`) 


  DSC00036.JPG 

           和泉式部の歌碑


「もの思えば 澤のほたるも わが身より あくがれいづる 魂かとぞ見る」


水辺を飛ぶ蛍を詠んだ歌で,想像すると幻想的な夏の景色が思い浮かぶな

でも,実は,ちょっぴり怖い歌なんだぞ。

だって・・・

「物思いにふけっていたら,水辺を舞う蛍が自分の体から彷徨い出た魂のように見えた。」

魂抜けたら死んじゃうだろー!


宮仕えした後に再婚した夫である藤原保昌の心が離れてしまい,復縁を願って貴船神社へやって来てみたいだな。

この保昌さん,道長に仕えていた武勇に優れた貴族だったそうだ。

和泉式部は,道長の娘である彰子に仕えていただろ?

それが縁になったのか,二人は夫婦になった。


こうやって書くと,上司のすすめでお見合いした的なイメージになるだろ?

でも,和泉式部は保昌に「紫宸殿の梅の枝を取って来て」とおねだりをしたらしい (゚Д゚;)

紫宸殿と言うのは,内裏(御所)の中心的な建物である正殿の事で,様々な儀式も行われた場所だ。

どんな儀式かって言うと,分かり易いのが天皇の即位とかかな・・・。

そんなところに生えてる梅の枝を勝手に折ったら,不味いに決まってるだろっ!

でも,保昌さんは頑張ってしまった。

梅の枝は手に入れたものの,周辺を警戒していた武士に見つかり,慌てふためいてやっとのことで逃げ帰ったそうだ。

主人である道長も恋愛マスターな人だったと思うけど,そこに仕える人たちの恋愛ベクトルが桁違い過ぎる (;´Д`)



で,話を戻そう。

和泉式部は歌を詠んだ。

すると,不思議な事に御社の中から男の声の歌が返されたんだそうだ。


~魂が,滝の水しぶきのように散り散りになるような事を考えていては駄目だよ~


それが貴船の神様の言葉だったのか,どうかは分からないけど。

でも,願いは叶い,それ以来,貴船神社[揺れるハート]恋の宮[揺れるハート]と呼ばれるようになったそうだ。


お~い,今日も終わらないぞ・・・。

   

  DSC00034.JPG

           不思議な形の岩がある。

  DSC00035.JPG

           ごめん,確認しなかったらぼけぼけだった。

              

  DSC00033.JPG             天乃磐船

貴船の山奥から出てきたこの岩は,人の手を加えていない自然石だそうだ。

重さはなんと6t。

なにやら奥宮にある船形岩と呼ばれるものと関係があるようだ。

これは,早く奥宮へ行ってその船形岩とやらを見てみたいものだな。


     DSC00038.JPG

      境内に生える巨大な桂の木は,樹齢約400年のご神木だ。


勢いよく伸びる姿が,龍が天へと昇る姿に似てて御神徳を象徴しているそうだ。



  DSC00040.JPG

             割れた歌碑?

  DSC00039.JPG

松尾巌の歌碑は,元々は本宮石段昇り口にあったそうだ。

昭和10年6月29日の大洪水によって壊れてしまったんだって。

どうやら,欠けた部分は見つからなかったみたいだな。



   DSC00284.JPG

         京のおせんどころ田丸弥さんと言えば・・・

   DSC00285.JPG

                   白川路だな。


御託を並べるのもなんなので,早速頂こう♪

   DSC00289.JPG

   薄焼のおせんべいの表面には,唐草模様が浮かび上がっている。


封を切ると,甘い香りが広がる。

では,いっただま~す。

   DSC00290.JPG

           ぱりん!と小気味よい音を立てて割れる。

薄焼だからそんなに硬くは無いな。

程よい厚みのお陰で,口の中ではバリバリではなく,ぱりぱりといった音がする。

おせんべいは匂いから想像した通りに甘い。

だけど,口を動かす度に,生地に混ぜ込まれた胡麻がすり潰され,芳ばしい香りと胡麻の風味が広がる。

なんでも,唐草模様で白川(東山から祇園へと流れる川)の水面を,金胡麻と黒胡麻で

川底の砂粒を表してるそうだ。

ドラマとか映画で出てくる,白川にかかるあの一本橋の景色が目に浮かんでくるようだ。


う~ん。

やっぱりコーヒーより,濃い目のお番茶かなぁ~?


最近の流行りのぱっと見の華やかさはないけれど,様々な趣向が凝らしてあって好きだなぁ~(´ω`*)


という訳で,田丸弥さんの白川路に興味のあるみんなは,是非ともお試ししくれよなっ♪

個包装されてるので,お土産にもおすすめだぞっ[揺れるハート]   

nice!(20)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行


  [NEW] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき]