So-net無料ブログ作成

 

旧blog ぼくと「かえる」日記(引越し先)

https://bokutokaerunikki.blog.so-net.ne.jp/

 * * * * * * * * * * * *

「かえる」の「こじろう」の見たこと,聞いたこと,感じたこと。

ようこそぼくと「かえる」日記2へ!

今までも読んでくれてたみんなも,偶然発見したみんなも,遊びに来てくれてありがとう [揺れるハート]

なんだかんだで「かえる」日記も2冊目に突入したんだなっ♪



突然の2度のアメリカ赴任,そして帰国後の生活はドラマのように大どんでん返し[たらーっ(汗)]

やっと状況が落ち着いたかと思いきや,急な転勤辞令で落ち着かない事この上ない[あせあせ(飛び散る汗)]

人生いつ何が起きるか分からない[爆弾]

そんなジェットストリームな日々に振り回されっぱなしな「かえる」が,だらだら綴る日記だ。 

お暇な時にでも,覗いてみて欲しいんだなっ♪

ねじりまんぽの「まんぽ」って何なんだ? [ぷらぷらっと京都]

さて,今日は蹴上の続きだな。


   DSC09477.JPG

                 インクラインのレール跡。


   DSC09479.JPG

            公園の噴水は水も枯れて,ちょっと寂し気。


          DSC09483.JPG

              前回ちょろっと紹介した田辺朔郎の像


   DSC09487.JPG

               結構な距離を下ってきた気がするな。


「かえる」はトレッキングシューズだから,ガンガン歩いちゃったけどな。

砂利というよりも子供の拳くらいの石も多いから,雨上がりとかは気を付けないと足を取られると思う。

特に女の人は,華奢なヒールでは歩かない方がいいと思うぞ。


   DSC09484.JPG

           こちらも復元された三十石船



さて,そろそろ目的地だな。

   DSC09491.JPG

              蹴上の9番出口が道路の向こう側に見える。


最寄り出口は蹴上駅の1番出口

実は,インクライン跡を歩かなくてもいいんだな。

単に雰囲気を楽しみたいから歩いただけで。

勿論,桜のシーズンとかは歩くといいと思うけどなっ♪


で,1番出口を出て坂を登れば日向さんの参道で,坂を下れば今回の目的地に辿り着く。


   DSC09493.JPG

                       到着!



   DSC09488.JPG

              これが有名なねじりまんぽ


「かえる」は小さい頃,この「ねじりまんぽ」をお菓子だと思ってた。

3色の飴が棒にねじってあるお菓子って分かるかなぁ?

あれの事だと思ってた。

お陰で,誤解が解けた今でも「ねじりまんぽ」と聞くとよだれが出てくる始末だ・・・(;´Д`)


   DSC09489.JPG

        この間,遭難事故の話を書いたけど,覚えてるかな?

非常時には,このトレイルの標識のナンバーを伝えることになってるんだ。

つまり「そういうことが予想される場所がある」って事なんだな。


   DSC09490.JPG

                  「雄観奇想」

篆書体なんて普段使わないから読みにくいことこの上ないけど,右から「ゆうかんきそう」と読む。

「雄観奇想」とは,辞書によれば「優れた眺め」と「思いもよらない考え」という意味のようだ。

北垣国道(きたがきくにみち)第3代京都府知事の手によるものなんだって。



では,トンネルへレッツゴ~♪


一見,何の変哲もないトンネルなんだけど・・・・・・

   DSC09494.JPG

                            何か・・・変な感じ。


   DSC09496.JPG

          そう,壁が渦を巻くようにねじれているんだな。


今は復元されたレール上に船がぽつんと残されているだけだけど,昔はこの上を台車に乗った船が動いていたんだな。

上からの力を分散させ,トンネルの耐久性を高める為に,レンガを螺旋状に配置したんだって。



   DSC09499.JPG

              反対側(南禅寺寄り)から。

気になるのは,このトンネル内壁のデザイン。

高速のトンネルにあるような退避場所なのかな?

それともただのデザインなんだろうか?


   DSC09497.JPG

               「陽気発処」と書かれていたらしい?

ようきをはっするところ・・・。

どうやら朱子語類*の「陽気発処 金石亦透 精神一到 何事不成」(ようきはっするところ きんせきもまたとおる せいしんいっとう なにごとかならざらん)からの引用のようだ。

「陽の気が発すれば石も金も透かし通してしまう。精神を集中して物事に当たれば,どんなことでもできる」のような意味なんだな。

*朱子語類=宋の朱熹(しゅき=朱子学で有名な儒学者)の弟子たちが,その思想をまとめ上げた本。


多分,両方の扁額を合わせて考えると,このインクラインの事を指してるんだと思うんだな。

精神を集中して物事に当たった結果,この素晴らしい眺めを造り上げた,とかそんな意味じゃないのかなぁ?



因みに,こちらも同じく北垣国道さんの篆書。

どちらの扁額も粟田焼という京都の焼き物だそうだ。

残念な事に,今ではその担い手がいなくなってしまった幻の焼き物。

昔は海外での人気にあやかって輸出されていたそうだけど,戦争でそれも途絶えてしまったそうだ。

ただ,最近になって粟田焼を復興させた人がいると聞いたので,そのうちにこの扁額も修復されるかもしれないな。



ところで,「ねじりまんぽ」の「まんぽ」って・・・何?という声が聞こえてきそうなので,ちょっと説明しておこうかな。

まんぽというのは,元々は「間符(まぶ)」という言葉が訛ったと言われている。

この間符は,天井川や鉄道の下を通した小さなトンネルが事を指すんだそうだ。

三重県鈴鹿では素掘りの地下水を取水する横井戸を「マンボ」と呼び,愛媛には大黒間符(マブ)と呼ばれる坑道跡もあるんだな。

で,鉄道の下を通した小さなねじれたトンネルを略して「ねじりまんぽ」と呼ばれるようになったんだと思う。

(色々調べても確証は持てなかったから断言はできないけど。)




唐突だけど,すまない,まだご飯食べてないんだ(;´∀`)

なので,おやつの話はまた次回にでも・・・。


nice!(22)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

nice! 22

コメント 6

はなだ雲

「ねじりまんぽ」
わたしもお菓子だと思いました!
とんねるなんですね、しかもねじれてる
とんねるの先は異次元へとつながっていそう★
by はなだ雲 (2018-11-19 06:43) 

ぼんぼちぼちぼち

なるほど~ そういう理由でレンガの並びがねじれているのでやすね(◎o◎)b
by ぼんぼちぼちぼち (2018-11-19 16:27) 

ネオ・アッキー

こじろうさんこんにちは。
蹴上駅からこのねじりまんぽが見えました。
このトンネルに、そのような名前がついていたのは知りませんでした。
by ネオ・アッキー (2018-11-21 12:40) 

こじろう

はなだ雲さん,こんばんは♪
よかった~,同じように感じてる人がいて・・・。
理由は分からないけど,美味しそうな響きがするよなぁ?

ねじれた先は,実はよく似た別世界・・・(;´Д`)

by こじろう (2018-11-25 20:06) 

こじろう

ぼんぼちぼちぼちさん,こんばんは♪
丈夫なんだろうけど,捻じれのせいか,、何となく不安になってくるんだなぁ~(;´・ω・)
by こじろう (2018-11-25 20:10) 

こじろう

ネオ・アッキーさん,こんばんは♪
このトンネル,意外と見落としちゃうんだよなぁ。
向かい側から見ると,捻じれが見えないから只のトンネルだし・・・(;´Д`)
by こじろう (2018-11-25 20:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。



  [NEW] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき]