So-net無料ブログ作成

旧blog :  ぼくと「かえる」日記 公開終了のお知らせ

http://bokutokaeru.blog.so-net.ne.jp/

 

いつも遊びに来てくれるみんなにお知らせ。

6月18日をもって ぼくと「かえる」日記(無印) 公開を終了することになったんだ。

申し訳ないけどお気に入り登録してくれているみんな,再登録をお願いするぞっ♪

 

本当にバタバタで申し訳ない・・・(/ω\) 

 

【移行先】

ぼくと「かえる」日記(工事中)

http://bokutokaerunikki.blog.so-net.ne.jp/


 * * * * * * * * * * * *

「かえる」の「こじろう」の見たこと,聞いたこと,感じたこと。



ようこそぼくと「かえる」日記2へ!

今までも読んでくれてたみんなも,偶然発見したみんなも,遊びに来てくれてありがとう [揺れるハート]

なんだかんだで「かえる」日記も2冊目に突入したんだなっ♪



突然の2度のアメリカ赴任,そして帰国後の生活はドラマのように大どんでん返し[たらーっ(汗)]

人生いつ何が起きるか分からない[爆弾]

そんなジェットストリームな日々に振り回されっぱなしな「かえる」が,だらだら綴る日記だ。 

お暇な時にでも,覗いてみて欲しいんだなっ♪

見返り兎が導く菟道(うじ)の杜。 [ぷらぷらっと京都]

DQ11をぼちぼちやってるけど,時の迷宮4階層でとまってる・・・。

因みに今日,世界コスプレサミット(WCS)会場付近ですれ違った人ありがとう[揺れるハート]

お陰で,あと2枚で新しい帽子をgetできるみたいだ。

(WCSに参加したんじゃなくて,仕事で傍を通っただけだぞ・・・)


************


という訳で,今日もぷらぷらっと宇治をお散歩したお話だぞっ♪

   DSCN0189.JPG

              小さなウサギの置物?



   DSCN0074.JPG

            緑をバックに赤い鳥居が目立つ。


宇治川を越えてやって来たのは,とある神社。

どうやら普通の狛犬がお出迎えしてくれるようだ。



        DSCN0075.JPG

                   兎楽の樹


ここは宇治神社

菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)という人物に関係しているようだけど・・・・・?


なんと,この菟道稚郎子さん,仁徳天皇の弟にあたる人のようなんだ。

幼い頃から聡明で,次代の天皇にと望まれたような人だったみたいだ。

 

ある日の事,宇治へ来る途中に菟道稚郎子は道に迷ってしまった。

そんな彼の前に現れたのは一羽の兎

兎は途中何度も振り返りながら彼を宇治へと導いた,と伝えられているんだって。

そして,兎たちが集っていたと言われているのが,この兎楽の樹なんだって。


兎と言えば因幡の白兎を思い出すけど,神話にはよく兎が出てくる気がするな。

どうやら,この宇治神社は菟道稚郎子命と見返り兎の伝説に彩られた神社のようだ。


様々な言い伝えがあるものの,一説には儒教の教えを重んじた彼は兄を差し置いて跡を継ぐのは・・・と菟道(宇治)へ行き,最終的に入水したと伝えられている。

 


   DSCN0072.JPG

              早速,兎を発見!


        DSCN0073.JPG

              兎の意匠のお手水かぁ~。


そう言えば,伏見稲荷にはフォトジェニックな狐とか刀の意匠のものがあったっけ。

流石,「見返り兎」伝説の地だなっ♪

ちょっと兎相が悪いようにも見えるけど,神様を導いた兎だから凛々しいのかもしれないな。



   DSCN0071.JPG

               本殿が見えてきた。


この日,境内には台湾人の女の子のグループがいて,ちょっぴり賑やかだった。



   DSCN0070.JPG

            写真中央辺りに小さな見返り兎が見えるかな?


朱塗りの本殿は鎌倉時代初期のもので重要文化財なんだって。

きちんと参拝を済ませ,社務所へと向かう。



   DSCN0190.JPG

              そして最初の写真の兎だけど・・・


もう気が付いてる人も多いと思うけど,そう,この兎は宇治神社うさぎおみくじなんだな。

陶器でできた白い兎は伝説通りに振り返って,道に迷う人を導こうとしてくれている。

で,肝心のおみくじはと言うと・・・・・


       IMG_1119.JPG

               写真サイズが変だけど,大吉だったぞっ♪


商売の欄に「二兎を追うものは~」と書かれてたけど,兎が関係する神社だからって訳じゃないよなぁ?

まぁ,関係ない項目は読まなくていいそうだからいいんだけど。

大吉が出て,更に自分の願望の項目に好いことが書かれていると,足取りも軽くなるなっ[かわいい]


導きの兎のおみくじのお陰か,いつもよりも充実した一日だった気がするんだ。

 

と言うのも,台湾人の女の子たちと少しおみくじのお話をしてきたんだ。

実は,彼女たちにおみくじを見せたら自分も欲しいと言い出してな。

日本語しかないんだけど・・・と言ったけど,欲しいと言うので暫く傍にいたけど,漢字と読めるひらがなから推測していて,それがまた,結構,当たってるからスゴイ!

正直,かなりのツワモノだと思ったんだな。

こういう面白い出会いがあるから,京都観光はやめられないな。

 


因みに,宇治神社の御祭神は幼い頃から聡明だった為,学業の神様として知られている。

また,御祭神を導いた神使の兎は,迷う人を道徳にかなった正しい道へと,何度でも振り返り導くと言われる為,良い縁へと導くとも言われているそうだ。


という訳で,兎が正しい道へと導く宇治神社に興味のある人は,平等院に合わせて是非とも訪ねて欲しいんだなっ♪

nice!(12)  コメント(6) 


  [NEW] ぼくと「かえる」日記2 [ひらめき]